Home > 2011年01月

2011年01月 Archive

子育てサポーター養成講座

  • Posted by: ひろみ
  • 2011-01-31 Mon 22:59:04
  • 講座
今日は子育てサポーター養成講座第3回目です。

本日のテーマ「生きる力を見守る~子供の心と体の発達・遊び~」
講師:淑徳幼児教育専門学校講師 佐藤佳代子氏

脳科学の話を交えてのお話でした。

赤ちゃんは、「育とうという力」を持って生まれてくる。
親はそれを助けてあげる。


0歳 = 生きるために泣く。何もできないので、泣くことで訴える
      NEEDの時代。すべてのNEEDに答えてあげる。
      NEEDの時代にたくさん抱っこされると、心が安定する。
      抱くことによって、親も子供も「愛情ホルモン」が分泌される。
      「自分は愛されている」という「自己肯定感」が高まる。


1歳 = WANTの時代。親子のルールのはじまり。
     ダメなことは伝える。しかしあまりすべてをダメというとストレスに。
     

2歳 = 悪魔の時代。悪魔が住んでいるとしか思えない、イヤイヤ期。
     成長の過程で必ずとおる。
     いろんな刺激に敏感になる時期で、これがイヤイヤにつながる。


こういう話、ちょっと知っていれば子育てが楽になるかもしれません。


6歳までは、遊びを通して、豊かな体験をすることで満足感を得る。
遊びのなかからいかにたくさんの体験をするか。
自分のやりたいことを満足にすることができた。愛されている。
ということが、「自己肯定感」につながります。


このことは、実はうちの幼稚園の基本理念です。
幼稚園の時代は遊びの中から、体験し、学び、
そして愛され、受け入れらているということを感じ、
「自己肯定感」を得られる。
これが人生の土台となる。

もうすぐ卒園で、先日文集に出す文章を書きました。
3年間を振り返って、本当にいい幼稚園だったな~と思っています。
幼稚園が愛に包まれていたというのでしょうか?
息子は幼稚園で愛されているんだな~と。

話がそれてしまいましたが、
今日の講座もとても楽しく勉強になりました。


あと3回になってしまいました。
次回は「子供の事故と安全」です。
幼稚園がお休みのため、息子と一緒。
託児にお願いするのだけど、大丈夫かしら?



Index of all entries

Home > 2011年01月

タグクラウド
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

Return to page top