FC2ブログ

Home > 講座 Archive

講座 Archive

原始反射のお話会に参加してきました✨

  • Posted by: ひろみ
  • 2017-12-13 Wed 21:55:33
  • 講座
はぴふる主宰 & Break Free セラピスト むらまつ ひろみです。



みなさんは「原始反射」って聞いたことあるでしょうか?


多分、一番よく知られているのが「モロー反射」かもしれません。



モロー反射とは・・・受胎後9〜12週に現れ生後6ヶ月くらいで統合される。いわゆる消失する。
ちょっとした音や光、唐突な接触や強い振動などがきっかけとなって腕や足を投げ出すように広げ息を吸い込むと身を縮めて声を上げて泣き出す。


統合されず残っていると、音や動き、光に敏感すぎる反応したり、乗り物良いをしやすかったりするらしいです。



他にも色々あるのですが、障害を持っている人たちはこの原始反射が残っていることが多く、



日常の生活に不便を感じることが多いのです。



じつは私はこのお話かに出るまであまりよく知りませんでした。



自閉症のお子さんがいつまでも飛び跳ねていたり、



自分の肘や手をトントンといつまでも叩いていたり、



このような行動は自分の感覚を統合しようと自然に出てしまう行動であるとようやくわかりました。




自分の足がつくえの下に隠れると自分の足がわからなくなってしまうお子さんもいるそうです。



では、その不便を感じるのをどうやったらなくすことが出来るんだろう?




どうやったら学童期そしてその時期を過ぎた人でも統合されて発達していくんだろう?



そんなことをこれから連続講座で考えていこうということになりました。



ちなみにこのお話会を主催したのは、わたしのリンパケアの師匠はーにゃ。



自身も自閉症のお子さんをお持ちです。



ご参加の皆さんも殆どが障害を持った親御さんたち。



わたしはその中で勉強させていただきました。



次回は2月。



今度はもう少し詳しいお話の内容をお伝えできると思います。













初✨シブヤ大学 「合理的配慮」講座参加しました!

  • Posted by: ひろみ
  • 2017-09-16 Sat 22:33:28
  • 講座
ご訪問ありがとうございます。



子育て支援はぴふる主宰 & Break Free セラピスト むらまつ ひろみです。




今日は


シブヤ大学主催、NPO法人渋谷なかよしぐるーぷの浦野さん講師



「クイズ、合理的配慮」

http://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1269/




に参加して来ました🎵



「合理的配慮」とは何でしょう?

正解は、障害のある人が障害のない人と同じように過ごせるように、それぞれの障害の特性や困りごとに合わせておこなわれる配慮のことです。



さまざまな場面でどんな配慮をすればよいのか?




硬くなりがちな内容をクイズ形式で、わかりやすく解説していただきました。






何より当事者である知的障がいを持つ方たちがファシリテーターとして参加されていたことが



会場を和やかにしていたと思います。




職場での研修とはまた違った感じでとても良かったです。





知的障がい者の通所施設で働いて、




当事者さんと日々接していて




職場の研修も受けていますが




外部のこういった講座にでるのも




良い刺激になるなぁ〜と思った次第です。




私的には講師の方とファシリテーターとして参加されてた当事者さん4人




講座に参加した数名で当事者さんが先生となってする



「ストレッチ講座」



がとても楽しくて幸せな気持ちになりました💕




今日学んだことは今後活かしていきたいと思います。




合理的配慮について興味のある方は、あさちょこなどで聞いてくださいね✨




次回 誰でもサロン「あさちょこハッピー、これでいいのだ午前中!」


9月28日 10:30〜12:00@ウナカメラリーベラ




お問い合わせ hapihuru.nakano@gmail.com













子育てサポーター養成講座

  • Posted by: ひろみ
  • 2011-12-15 Thu 10:44:26
  • 講座
9月から受講していた「子育てサポーター養成講座・キャリアコース~発達障害支援~」を修了しました。

9月から毎週1回区役所に通い、発達障害とは?どういった支援が必要なのか?など学びました。

実際に現場に3回行き、実習もしました。

中野区が主催していた講座で、無事修了した私たちは、学校に支援活動のボランティアにいったり、

「アポロ園」で支援活動が可能になります。

「はぴふる」の活動の中でもいかせればいいな~と思っています。



さて、私が受講していた「子育てサポーター養成講座」は、来年度も開催されます。

子育て支援に興味がある方は参加されてみてはいかがでしょうか?

*1月からの講座は「初級コース」です。


子育てサポーター養成講座(初級コース)

対象者 : 子育て経験または保育経験があり、講座終了後、子育てサポーターとして
      活動意志があり、中野区内で活動が可能な方
     
会場 :中野区役所 会議室

日程 :下記のとおり

申込み : 12月6日~28日までに電話・FAX・電子申請で下記担当まで。

一時保育 : なし


                 記

1/13(金) 1:15~4:00  開講式 「親子の笑顔を支えよう~サポーターの役割~」

        NPO法人ふれあいの家ーおばちゃんち代表理事  渡辺 美子氏


1/16(月) 1:30~4:00 「現在の子育て事情}

        子育てひろば推進センター みずべの会代表  新澤 誠治氏


1/27(金) 1:30~4:00 「生きる力を見守る~子供の心と体の発達・遊び~」

        子供の文化学校講師  佐藤 佳代子氏


2/3(金)  1:30~4:00 「こどもの事故と安全」または「こどもの病気・けがの対応」

        看護師  澤田 佳世子氏


2/10(金) 1:30~4:00「現役サポーターに聞いてみよう」

        区内で活動している子育てサポーターほか*私も現役サポーターとして参加します。


2/17(金) 1:15~4:00 今後の活動について 閉講式

       NPO法人ふれあいの家ーおばちゃんち代表理事  渡辺 美子氏


3・4回目を除く全4回のコーディネーター:NPO法人ふれあいの家ーおばちゃんち代表理事  渡辺 美子氏



申込み・問い合わせ

中野区こども教育部次世代育成担当  電話 03-3228-8824
                  FAX 03-3228-5659

*電子申請は中野区ホームページから


主催 : 中野区 

講座がはじまりました。

  • Posted by: ひろみ
  • 2011-09-15 Thu 22:15:37
  • 講座
少し前に受講した中野区主催の「保育サポーター養成講座」。

昨日からはじまったのは、その「キャリアコース ~発達障害支援コース~」。


「発達障害について正しい知識と理解を深め、地域でのサポート・見守りができる人材を養成する」

ことが目的となっています。


子育て支援活動を行っていくうえで、学びたいと思っていました。

息継ぎしながら12月まで続く長丁場の講座です。実習もあります。

とても内容の濃い講座でした。詳細は特に書きませんが、

育児にも通じることがたくさんあり、その中で私の心に残った文章を紹介したいと思います。


子どもの自信と自尊心を高め、人や社会とのかかわりへの意欲を失わせないように支援する。
そのためには、今のままのこどもをありのまま受け入れ、子どもの自発性・子どもの興味関心を最大限に尊重し、
信頼関係を大切にするという基本的な姿勢がないよりも求められる。
「僕は僕のままでいい」という安心感と安定感(内的適応)が結果的に社会への適応(外的適応)につながる。



この文章で息子が通っていた幼稚園の(前)園長先生が言っていたことを思い出しました。

「小さいころは木で言えば、根っこの部分。とても大切です。
そのころに、体の五感を使ってたくさんの経験をして、「あたなはあなたのままでいいんだよ。」と
認めてあげることが大事なのです。そうやって、「自分は愛されているんだ。このままでいいんだ」と確信し、安心し、一番大事な自己肯定感が生まれ、将来なにかあっても「私は大丈夫」という、強い心が育つのです。」




わかってはいるんだけど、なかなか難しいですよね。

私もできたか、今もできているか?といえば????です。

でも、そういうことを知っているのと知らないのとでは、少しは違うかも~と思っています。


子育て中のみなさん、一緒にがんばりましょうね。

脳とこころの子育て講座 報告

  • Posted by: ひろみ
  • 2011-04-28 Thu 22:47:56
  • 講座
脳とこころの子育て

講師は文教大学教育学部特別支援教育専修 
教授 成田奈緒子氏(小児科専門)

今日参加されていた方はは3歳くらいまでのお子さんをお持ちのママさんたち。
たぶん30人くらいいたんじゃないでしょうか?

講師の先生からはじめに、
「毎日3食食べて、寝てれば大丈夫よ。
気を付けることは規則正しく。明るくなったら起きて、暗くなったら寝ること」

普段の生活習慣がとっても大事なのだそうです。

脳は作られる順番が決まっていて
古い脳(大脳辺縁系)=睡眠・食欲・情動・自立神経など
生活リズムや・生活習慣が発達してから

新しい脳=知能・知覚・言語などが発達するのだそうです。

古い脳を作る時期=特に乳幼児期
五感からの刺激が大事といわれていました。
お母さんがやさしく話かけたりするのはいいそうです。

一番大事なのは、早寝早起き朝ごはん!
先生がカウンセリングされたお子さんを例にだして話されていましたが、
イライラしたり、攻撃的だったりした子が、
生活習慣を規則正しくしただけで、改善したそうです。

「乳幼児期をすぎてしまったわ~。どうしよう。」
という方、大丈夫です。
何歳からでも、毎日の生活習慣を規則正しくするだけで
改善の方向に進むそうですよ。


次は新しい脳の発達時期=特に小学校期
子どもの言葉を引き出すようにするのがいいそうです。
しりとりや言葉遊びもいいそうですよ。
とってもびっくりしたのですが、音読。
読んでるとき、前頭葉に関してだけ言えば音読のときには働いてないんですって。
読み聞かせしたときもそうらしいです。
あとで、感想を聞いたり、どんな話だったかなどをお話して
自分で考える時間を与えるといいんだそうです。


そのあとは、前頭葉がうまく働くこと=こころがうまく働くようになる。
特に中学校期。
抽象的なことを理解していく時期だそうです。
この時期に大事なのは
「大人も子供も大丈夫」
「自分は大丈夫」の心が人生を成功に導くとおっしゃってました。

こどもが「大丈夫」と思えるようになるには。。。。

親も「早寝早起きあさごはん」で笑顔で毎日明るく過ごすこと!


みなさん、頑張りましょう!

Index of all entries

Home > 講座 Archive

タグクラウド
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック

Return to page top